Wordで、勝手に出てくる「赤い波線」の正体は?

Word2013


ツバパソくん_左

こんにちは!

今回は、ワープロソフト「Word 2013」で、
生徒さんによく質問される
ちょっとした技についてご説明します。


勝手に「赤い波線」が引かれてる!

ワープロソフト「Word」で
文章を入力していて
ふと見ると・・・

GWフェスタ

 

あれっ!?
こんなところに、なぜか「赤い波線」が引かれてる!

と、いうことはありませんか。

 

しかも、
普通に装飾を取り消そうとしても消えないし
見た目も悪くなって
なんだか、困ったことになりましたね(+_+)

 

その正体は「スペルチェック」

実はこれは、
Wordの機能のひとつ
「スペルチェック」なのです。

 

文法やスペルのミスがないかどうかを
自動的にチェックしてくれて

Wordが、
「ここは間違っている」と判断したところに
自動的に線を引いて、
お知らせしてくれる機能
です。

★青い波線が引かれる場合もあります。

 

しかし、
例えば下記の例のように
うっかり入力ミスをしてしまった時には

それがすぐにわかるので
大変便利な機能なのですが

GWフェスタ1

 

先ほどの案内文のこの部分は、
文法的にもスペル的にも
間違っているわけではありませんね。

GWフェスタ2

 

機械的に判断しているので
こういう風に
間違っているわけではない部分に
スペルチェックの波線が引かれる場合もあります

 

こういう場合は、
気にせずそのまま作業を進めて大丈夫ですよ。

スペルチェックによる波線は、
印刷には反映されません
ので
安心してくださいね。

 

自動的に波線が出ないようにする設定

なお、
どうしても気になる場合は、
この波線が自動的に出ないようにする方法もあります。

 

①リボンの「ファイル」タブをクリックします。

波線を消す1

 

②「オプション」をクリックします。

波線を消す2

 

③「Wordのオプション」ダイアログボックスが表示されますので、
「文書校正」のメニューを開き、
【自動的にスペルチェックを行う】と【自動文章校正】のチェックを外して
「OK」をクリックします。

波線を消す3

 

これで、
再度文書を確認してみると・・・・

波線を消す4

スペルチェックの赤い波線が
消えましたね(^O^)/

 

しかし、この設定をしてしまうと
単純な入力ミスについても
お知らせしてくれる機能がなくなってしまいます
ので、

入力に慣れるまでは
チェック機能を有効にしておいた方が
いいかもしれませんね。

 


普段お使いの「Word」にも
まだまだあなたの知らない機能があるかもしれませんよ。
そして、それを使いこなせば
今よりもっと快適なパソライフが
きっと待っています!

それでは、また次回お会いしましょう!