Wordの「図形描画機能」を使って、ハロウィンのおばけカボチャを描く

Word2013


ツバパソくん_左

こんにちは!

今回は、ワープロソフト「Word 2013」で、
生徒さんによく質問される
ちょっとした技についてご説明します。


ExcelやWordで絵が描ける!?

本日朝の番組「スッキリ!!」の
高橋真麻さんの「あさ芸」のコーナーで

大変 緻密で素敵な絵を描かれる
画家・堀内辰男さんが紹介されていました。

 

水彩とも油絵とも一味違う
堀内さんの作品は、
なんと、
すべてExcelで描かれているそうです。

 

えっ!Excelって
お絵かきソフトじゃなくて
表計算ソフトじゃないの・・・?

 

もちろん、その通りなんですが
Excelには「オートシェイプ」という
図形を描画する機能があり、
堀内さんの作品は
この機能を使って描かれています。

いや~、それにしても
「オートシェイプ」でここまで出来るって
発想と努力が素晴らしいですね。
脱帽です。。。

堀内さんのページ
作品画像が公開されていますので、
是非ご覧になってくださいね。

 

ここまで細かい作品を仕上げるには
大変な時間と根気が必要になりますが、
(もちろん、センスも(^-^;)

ちょっとしたイラストくらいなら
オートシェイプの図形を組み合わせるだけで
あっという間に出来ちゃいます!

オートシェイプ機能は
Excelだけでなく、
Wordにもありますので、

今回はWordのオートシェイプ機能を使って
ハロウィンにピッタリな
おばけかぼちゃのイラスト

作成する方法をご案内します。

完成図

 

図形を描画する

それでは、
さっそく描いていきましょう(^^)/

Wordの「白紙文書」を新規に開いてください。

 

①リボン「挿入」タブを開き、
「図形」ボタンをクリックし
一覧から「円・楕円」を選択します。

カボチャ2

 

③横長の楕円形を描きます。

カボチャ3

 

図形の塗りつぶしを変更する

ここからは、
塗りつぶしの色を変更していきます。

 

①リボン「書式」タブの
「図形の塗りつぶし」ボタンをクリックし、
「その他の色」を選択します。

カボチャ4

 

②「色の設定」ダイアログボックスが表示されますので、
「標準」タブを選択し、
一覧から「オレンジ色」を選択して、
「OK」をクリックします。

カボチャ5

 

③楕円形の塗りつぶしが、オレンジ色になりました。

カボチャ6

 

図形の枠線を変更する

ここからは、
枠線の設定を変更していきます。

 

①リボン「書式」タブの
「図形の枠線」ボタンをクリックし、
「線なし」を選択します。

カボチャ7

 

③楕円形の枠線がなくなりました。

カボチャ8

 

図形を組み合わせて、イラストを作成

それでは
他のパーツも描いていきます。

 

①同じ手順で、
「正方形/長方形」のパーツを挿入し、
【塗りつぶし:濃い緑色】
【枠線:なし】に設定します。

カボチャ9

★カボチャのヘタの部分になりますので
小さめの縦長の長方形にします。

★図形の大きさや位置は、
一度挿入した後でも
マウスを使って調整できます。

 

②同じ手順で、
「二等辺三角形」のパーツを挿入し、
【塗りつぶし:黒】
【枠線:なし】に設定します。

カボチャ10

★カボチャの目と鼻の部分になります。

 

③挿入した黒い三角形を
2つコピーします。

カボチャ11

★「コピー」と「貼り付け」は
右クリックのメニューで出来ます。

 

④さらに、
「正方形/長方形」のパーツを挿入し、
【塗りつぶし:黒】
【枠線:なし】に設定します。

カボチャ12

★カボチャの口の部分になりますので、
横長の長方形にします。

 

ドラッグで図形の位置を整えたら
イラストの完成です!

完成図

 


 

いかがでしたか。

とってもカンタンにイラストが描けちゃいました!

でも、、、
せっかくだから
もうちょっとかっこよくできないかな・・・

という方のために、
次回はもう少し凝った
イラストの作成方法をご案内します
ので
お楽しみに(^◇^)

 


普段お使いの「Word」にも
まだまだあなたの知らない機能があるかもしれませんよ。
そして、それを使いこなせば
今よりもっと快適なパソライフが
きっと待っています!

それでは、また次回お会いしましょう!